犬や猫の感情は人間に負けないくらい豊かですね~ ペットシッターをしていて笑わされたり感動させられたり。 様々な出来事をつづっていきたいと思います。
寝不足か~おかしな夢みました。
2012年11月29日 (木) | 編集 |

去年長いお留守番を頑張ったなめこちゃん。
             「あたち遊ぶの大好きにゃのよ。  おりゃ うりゃ 

121129_01.jpg 121129_02.jpg



 
「バックだって落っことせるんだから」
                      「こうして こう引っ掛けて、お買い物行くの」

121129_03.jpg 121129_04.jpg




「それからおしゃれもするけど

121129_05.jpg




「やっぱり抱っこが一番好き」

121129_06.jpg



なめこちゃんベッタリで、シッターはニッコリ

121129_07.jpg



そして今年もやっぱり甘えん坊でした

121129_08.jpg




今年引っ越して来られたマインちゃんご一家。
「散歩だ、散歩だー
もう何回も一緒にお散歩したね。

121129_11.jpg



クンクンしたり

121129_12.jpg



歩きながらシッコしたり

121129_13.jpg




お地蔵様にあいさつして

121129_14.jpg




「ごはんーちょうだい
でも食べ物が出ると鼻にシワを寄せて「う~」って。 あはは。
人が、じゃなく 犬が変わるんだよね。

121129_15.jpg



「うまいワン」 

121129_16.jpg





Mちゃんはアイラインを引いたような
目元ぱっちりの美人さん。

121129_21.jpg



人見知りで出てこないでしょう、と聞いていましたが
いっぱい話しかけてカリカリの用意を始めたらこの通り。
私の足にスリスリ

121129_22.jpg



私のサンバイザーのヒモで遊ぶまでに

121129_23.jpg



「出てきてくれて、ありがとう~」

121129_24.jpg





我が家のトラリンは寒くなってくるとまた人にベッタリ。
でも相変わらず早朝に私のフトンから抜け出して
「ごは~ん、ごは~ん」

121129_31.jpg



私は横になったまま両手で捕まえ引き戻します。
トントンして寝かしつける私の方が先に行き倒れ

121129_32.jpg



どこまでが夢かうつつか
トラリンがまたフトンから抜け出して台所へ。
そして片手にしゃもじを持ち、炊飯器のフタをあけている
そこで私が一言。
「たきたてのごはんはあっついよ。猫舌なんだから」

121129_34.jpg



「あっちゃ~
おかあちゃん、つっこみどころが色々間違ってるにゃよ。」

121129_35.jpg