犬や猫の感情は人間に負けないくらい豊かですね~ ペットシッターをしていて笑わされたり感動させられたり。 様々な出来事をつづっていきたいと思います。
ニャンコもワンコも可愛いお客さま
2013年02月25日 (月) | 編集 |
一昨年から何回かご利用のニャンコ2匹です。
ベルちゃんは甘えん坊
ゴロリンしたり、ひざに乗ったり。

130225_01.jpg  130225_02.jpg





遊ぶのが大好きで食べるのもそこそこに
ジャラシを追いかけ捕まえ、夢中です。

130225_03.jpg  130225_04.jpg




ムーちゃんは食いしん坊で (失礼よね~)
ずーっと食べてる印象なのよ。 ウフッ
右で食べて、左で食べて、それからまた右で食べて
「で、ムーちゃん、右と左どっちがおいしいの
そういう問題じゃない?

130225_05.jpg




食べるのに忙しいムーちゃんも、ベルちゃんが楽しそうに遊んでいると
「僕も遊びた~い」 「食べた~い」 「トイレ入りた~い」
用足ししてても気もそぞろなのであります。

130225_06.jpg




ムーちゃんが遊びに参戦すると

130225_07.jpg  130225_08.jpg




「ちょっと待ったー」と
ベルちゃん腕まくりの格好 

130225_09.jpg  




益々やる気満々なのにゃ~ 

130225_11.jpg




スポーツして野菜もりもり食べる僕って、健康的

130225_12.jpg




僕はやっぱ、ごはんが好きですにゃん

130225_13.jpg





去年の暮れに、初めてご利用のお客様。
最初から超 人懐っこ~いモカちゃん。
何回もひざに乗ってきてくれました

130225_17.jpg




人見知りと聞いていたラックちゃん。
初めはちょっと腰が引けた歩き方してたけど
すぐにこの通り

130225_18.jpg




「な、なんでしゅか

130225_14.jpg




「なんなんでしゅか

130225_15.jpg




ほーっ、 ただの遊具だったね
「クジラの骨かと思ったワン

130225_16.jpg





うちのトラリンはベッタリの甘えん坊。
暇さえあれば私のヒザの上

背中の傷は乾いてから1ヶ月間なめないように注意していたのですが
最近またゴムを食いちぎって洋服を持ち上げ、なめました

130225_21.jpg




またまた抗生剤と、弱いステロイドが出されました。
私ももしかしたらと思っていましたが
医師が「食べ物のアレルギーかなぁ」と。
よっぽどかゆかったんだよね~

130225_22.jpg




確かに鶏肉とか、まぐろとか (たま~にですけど
魚なんかをあげるようになってからかも。

「トラリン、そんな顔してる場合じゃないよ

130225_23.jpg




ステロイドを使うのは、元々の病気があるからちょっと心配しました。
使い始めて4日目くらいに「クシュン、クシュン」と
頻繁にくしゃみしていたものの、その後回復してよかったです。
背中もほとんど良くなってきました。

130225_24.jpg
おー! トラリンが立った、立った。