犬や猫の感情は人間に負けないくらい豊かですね~ ペットシッターをしていて笑わされたり感動させられたり。 様々な出来事をつづっていきたいと思います。
「ハッピ-キャット」さん主催でお話をさせて頂きました。
2016年06月26日 (日) | 編集 |


番外編で「キャットシッターさんに聞く」という内容でした。
参加されたのはお客様の立場の方々と現役のシッターさん達。
私はふだんは協会の養成講座で実務を担当していますので
内容がシッター側に立ってしまいがちだったかもしれません。
でも、皆さんに喜んで頂いてとても嬉しいです。 感謝です

160625_11.jpg
  写真はお客さまの姫子ちゃん






常連の猫さま達
白がラブちゃん、三毛がりんりんちゃん
茶色多めがチェリーちゃん、大きいのが姫子ちゃん。

160625_01.jpg





皆それぞれ違う方向見てて銅像みたいにじっと動かず
「そのまま、どうぞ~なんちゃって」 
「おばちゃん おやじギャグですにゃん」

160625_02.jpg





一方、この写真はそろって同じ方向を見ている
ビジネスクラスで、おフランスに向かってるところかも 

160625_04.jpg





おっきな姫子ちゃん、実は男子ですねん。
それにしても、いい写真だな~

160625_03.jpg





あらら、チェリーちゃんのお皿をラブちゃんが引っぱてる

160625_05.jpg




「確か、ここにあたしのお皿があったの
「チェリーちゃん、しっかりしろ 叫べ~」

160625_06.jpg





「あたしの ごは~ん

160625_07.jpg





「もう食べちゃったもん」 …

160625_08.jpg





「ラブちゃん、謝った方がいいんじゃね。 ね
「いや、その」

160625_09.jpg





「いいのいいの、お互い様ってやつにゃんだから~」

160625_10.jpg





高齢猫ちゃん達が上手にお留守番してくれます
リラックス、リラックス

160625_12.jpg







こちら、お馴染みハッピーちゃん
食欲旺盛、デザートでヨーグルトも頂きます。

160625_13.jpg





おいしかったね~ 「満足満足」
食後は私の足の間に入ってきてまったり

160625_14.jpg




一休みした後はお庭へ

160625_15.jpg






こちらも常連さま
黒のソラちゃんは 相変わらず至近距離はダメ。
ひもで遊んでると興味はあるのよね

160625_16.jpg




それに比べて、うみちゃんは正反対の接待係

160625_17.jpg




このモフッモフ
触りたいでしょう~~ ウフフ

160625_18.jpg




このゴロンゴロンは益々 進化しとります

160625_19.jpg







こちらも常連さま
レンちゃん、モンちゃん

160625_20.jpg




人間の気持ちを良くくみ取る、賢いレンちゃん

160625_21.jpg





足を痛めたというモンちゃんは
お散歩のほぼ全行程、抱っこです
早く治るといいね~

160625_22.jpg




家でお待ちかねだった謙信君も 「ごちそうさま」

160625_23.jpg







去年に引き続き2匹のお世話に伺いました。
くろちゃんは人が怖い訳ではなく、あまり興味なし
だって飼い主さんにもくっつかないそうなのです

160625_24.jpg





それに引き換え、チーコちゃんの甘えっぷりと言ったら

160625_25.jpg





抱っこに次ぐ抱っこ

160625_26.jpg





私の手が空き次第、ヒザの上に

160625_27.jpg





航空写真で見てみると (地球か!)
はみ出してないかい

160625_28.jpg





満更でもない様子 

160625_29.jpg







毎日お散歩のジョイちゃん
昨日がお誕生日でした

160625_30.jpg






12才、おめでとう~元気で長生きしてね

160625_33.jpg






我家のトラリン
「最近暑いけど」 「梅雨寒ですにゃん」
中々毛布が片付けられません

160625_34.jpg





トラリンを拾って間もなく、動物の眼科で診てもらったけど
ピンクの涙は猫風邪の後遺症だから、無駄に目薬ささなくて良いと。
それまでずっと使ってたのは何だったんだ~ 
薬というのはいざという時に使うもの、というの改めて考えました。
  片目でも動体視力 スゴイよね。

160625_35.jpg