犬や猫の感情は人間に負けないくらい豊かですね~ ペットシッターをしていて笑わされたり感動させられたり。 様々な出来事をつづっていきたいと思います。
母は強し。そして子供の成長は目覚しい。
2010年01月24日 (日) | 編集 |
少し前の話ですが
生まれて間もないあんずちゃんのお世話を

シッターは普通3ヶ月未満の子はリスクが大きいので断ります。
なので3週間のあんずちゃんは断られまくり。
ほとほと困って最後に私を見つけてくれたそうです。
( そんなに見つけずらいのか。私! )

anzu01.jpg



オーナーさん家族は平日昼間お留守なので
授乳・離乳食・排泄等等1日2回~1回。 
とにかく、手洗い・消毒・エプロンなど
細心の注意を払うことにしてお受けしました。

anzu02.jpg



毎日オーナーさんとメモのやりとりで
数グラムの体重の増減や食欲・排泄に一喜一憂。

anzu03.jpg



あんずちゃんとお母さん
お父さんは一人寂しく向こう側に。

お母さんは子供がキュンキュン言うと見にきたり
遊んであげたり、感心してほろっとなりましたよ、ホント。
お母さんって偉い

anzu04.jpg



「お耳ひっぱっちゃうー」 「痛いでしょ。この子はもう~!」
って感じで母はがまんしますが、度を過ぎると叱っていました。

anzu05.jpg



あんずちゃんが成長してくるとオーナーさんがメモで
「母親が本気で怒ってあんずと大ゲンカします。
親の自覚がないのでしょうか。」と

「いいえ、それはしつけで大人の方は加減しています。
お母さんに頑張ってしつけてもらって社会化期をすごさせて下さい。」

anzu06.jpg



ところでお父さんは娘が近づくと避けるのですよ
そして私の元へ。
「どうしたの?」 「僕もいい子いい子して欲しいです。」

anzu08.jpg



「そうか~みんな赤ちゃんばっかり構ってるから
寂しいんだよね。よくがまんして偉いね~」

anzu07.jpg



あんずちゃん、3ヶ月ですっかり大きくなったね~

anzu09.jpg



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック