犬や猫の感情は人間に負けないくらい豊かですね~ ペットシッターをしていて笑わされたり感動させられたり。 様々な出来事をつづっていきたいと思います。
長いお付き合いのペットちゃん
2013年04月26日 (金) | 編集 |

10年前のマリちゃんモロちゃんです。幸せな笑顔、笑顔ですね
ところが今年に入り急なお別れとなってしまいました

飼い主さんは大病院の看護婦長をされてきた方で
引退してワンちゃん達と暮らし始めて数年間、
私にも非常に良くして下さり頻繁にお散歩していました。

130426_01.jpg




しかし数年後に飼い主さんが亡くなられた後
ワンちゃん達はある方が大切に育ててきました。
そのまま飼い主さんの自宅で一生をまっとうする筈だった2匹。

130426_02.jpg




とても無念な理由から期限付きで家を明け渡すことになり、行くあてのなくなった2匹。
それでもかかりつけ獣医があちこちに話をしてくれて、里親さんが見つかったのです。
良かった~

130426_03.jpg




私も微力ながら動いてましたが、「いつでも里親募集」に掲載してもらって2、3日で
「良い里親が見つからず切羽つまったら引き受けます。」というメールを受け取りました。
行き場をなくした動物を保護し、自然豊かな土地で面倒をみておられる僧侶の方でした。

130426_04.jpg



何度もメールのやり取りをし、世の中には奇特な方がいらっしゃるものだと感心しました。
里親探しの期限が短く、しかも高齢の11歳と13歳を2匹同時にという難しい条件で
中々引き受け手もいないだろうということで声をかけて頂き、本当に心強かったです。

130426_05.jpg



結果、マリ・モロちゃんは一般のご家庭で暮らすこととなり
先日獣医さんと飼い主さんが2匹を連れて行ったということです。
ご住所も伺いました。「いつか私も会いに行くからね~

130426_06.jpg





マーホワちゃんは去年から2回目のご利用。
小さいことにこだわらない心の広い子って感じです

130426_11.jpg 130426_12.jpg




食いしん坊で食べ終わるとゴロンと横になって
毛づくろい。

130426_13.jpg




今回、こんな「シェ~~」も見せてくれました。ウフフ

130426_15.jpg





こちらのお宅も10年来のお付き合いです。
千ちゃんは今年10歳半。
接待部長で、私が行くと2階からトントン音をさせて下りてきてくれたものです。
ある時は「千ちゃ~ん、来たよ~」と呼ぶと3階から「急げ急げ」と言わんばかりの
トントン下り  なんて可愛いんでしょう~

130426_21.jpg




パオちゃんは17歳の長老です。
初めて会った時、なんて高貴な雰囲気の猫さん、と思いました。
素っ気なかった訳ではないけれど、歳と共にどんどん人懐こくなってるようです。

130426_22.jpg




「パオちゃん、すっかりお痩せになられたけど頑張っていらっしゃいますね。」
と長老にご挨拶してるのに、千ちゃんが「オレもオレも~」
と割り込んで来て

130426_23.jpg




パオちゃん踏んづけられて「あうっ!」って顔になってるし
「千ちゃん、なにすんねん。」 じゃなくて
「なにをしておるのじゃ、無礼者め。」

130426_24.jpg



ミーちゃんはマイペースで、向き合ってなでられたりするのは好きじゃないけど
気づくとよく側にいてくれる可愛い女の子です。

130426_25.jpg




ケイちゃんは一匹狼。一人でいることが多いです。
初めの頃、よその人はダメと言われていたけれど
何回目かでひざに乗ってきてくれた子です

130426_27.jpg



イト(伊藤)ちゃんの名前の由来は、この子を拾った場所の前のお宅が
たまたま「伊藤」さんだったそうなのです。
小っちゃかった子が幸せにスクスク育ちました。
小さい頃はなぜかパオちゃんに一方的に戦いを挑んだそうです
マジっすか~

130426_26.jpg




千ちゃんとミーちゃん。

130426_28.jpg



パオちゃんとイトちゃん。
イトちゃん、もう戦わないのね

130426_29.jpg



5匹のうち3匹がそろってる
 みんないつもありがとね~

130426_2a.jpg





うちのトラリンはやっと洋服から開放されたけど
なんだか、はだかん坊の野良猫みたいに見えちゃう。
「もうノラじゃないもん、失礼しちゃう」 よね~

130426_31.jpg



だからせめて首輪はしようよ。
以前はいやがって何回も口輪状態にしてたけど、洋服よりはましってことで。
これ トラリンの上半分の写真だから

130426_32.jpg



下半分ものせてみたけど、
    いらなかったかな~

130426_33.jpg



相変わらず遊ぶの大好きで

130426_34.jpg




私のヒザの上で大事そうに抱えているのは
犬用オヤツの袋を開けた端っこ。何がいいんだか
「ぼくのものにゃん」って得意そうな顔なんだけど。
そんな物でよろしければいくらでも

130426_35.jpg



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック